山形県の温泉地【かみのやま温泉】

Pocket

かみのやま温泉の宿泊・ホテル情報は、下にクリップしてあります。

かみのやま温泉(かみのやまおんせん)

上山温泉郷の温泉街は、湯町、新湯、十日町、河崎、高松、葉山、金瓶などたくさんの温泉がある温泉地の総称で、山形県のかみのやま温泉上山(かみのやま)温泉は、会津の東山温泉、庄内の湯野浜温泉と並び、「奥羽三楽郷」と称えられる温泉地。昔ながらの温泉情緒を残しているのは、もっとも古い湯町地区で、新湯地区は近代的な旅館が多く、にぎやかで歓楽的だ。温泉地での宿泊は、宿内で過ごす時間が長いので、宿泊先は好みで選ぶとよいだろう。肥前出身の旅の僧侶・月秀が、温泉で傷を癒している鶴を発見したそうで、そのため、古くは「鶴脛の湯」の別名があったとの由。また、温泉街では湯巡手形を発行しているので、それを利用して複数の温泉を楽しむのもよい。立ち寄り入浴ができる共同浴場(湯町の湯、新湯・澤の湯、葉山共同浴場、二日町ふれあいの湯、中湯、下大湯、新丁・上の湯)もある。

泉質:ほとんどが塩化物泉。泉質ナトリウム・カルシウムー塩化物・硫酸塩温泉(含石膏ー食塩泉)(低張性弱アルカリ性高温泉)

効能:美肌、きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、婦人病、冷え性、動脈硬化症、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、うちみ、くじき、慢性消化器病、病後回復期、疲労回復、健康増進など

アクセス: 山形新幹線 かみのやま温泉駅下車

かみのやま温泉と一緒に旅行したい観光スポット

かみのやま温泉宿泊施設(旅館・ホテル・民宿)は以下にクリップしました。ご自身で楽しみながらお調べください(外部リンク)

「じゃらん.net」で調べる方はこっち↓

じゃらんパック(JR+宿泊)(航空券+宿泊)にする方はこちらから

「楽天トラベル」で調べる方はこっち↓

「JTB」で調べる方はこっち↓

Pocket