秋田県の温泉地【田沢湖高原温泉郷】

Pocket

田沢湖高原温泉郷と宿泊(旅館とホテル)情報

田沢湖高原温泉は、秋田県駒ケ岳のふもとの高原の温泉。立ち寄り入浴OKの旅館やホテルもあるのでぜひ行ってみよう。乳頭温泉から引湯で丹生白色の単純硫黄泉で源泉賭け秋田県の田沢湖高原温泉郷流し。引湯ならではの柔らかい肌触りで美人の湯と呼ばれているそうだ。 なんといっても田沢湖や駒ヶ岳の眺めが良くて秋田駒ヶ岳への登山入口にもなっているため人気の観光温泉地となっている。

効能 
慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、糖尿病、高血圧症、動脈硬化症、神経痛、筋肉痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期疲労回復、健康増進

立ち寄りり入浴可能なホテル・旅館

  • 田沢プラトーホテル :500円   12:00~18:00     0187-46-2331
  • 駒ケ岳グランドホテル :500円    13:00~16:00     0187-46-2211
  • ハイランドホテル山荘    大人:500円 子供:300円12:00~15:00     0187-46-2121
  • プラザホテル山麓荘  大人:500円 子供:250円 13:00~16:00     0187-46-2131
  • 田沢高原ホテル 500円     9:00~20:00
    (11:00~13:00までは清掃時間)0187-46-2311

 アクセス
R田沢湖駅より羽後交通バス「乳頭線」または「駒ヶ岳線」を利用、高原温泉にて下車、徒歩5分(所要時間約45分)

田沢湖高原温泉郷の宿泊施設(旅館・ホテル・民宿)は以下にクリップしました。ご自身で楽しみながらお調べください(外部リンク)

「じゃらん.net」で調べる方はこっち↓

「楽天トラベル」で調べる方はこっち↓

田沢湖高原温泉 と一緒に旅行したい観光スポット

Pocket

北海道の温泉地【層雲峡温泉】

Pocket

層雲峡温泉(そううんきょうおんせん)

層雲峡の渓谷の底に位置する大規模温泉街で、カナダの山岳リゾートを模した「キャニオンモール」となっていて欧米風な雰囲気となっている。
北海道の層雲峡温泉温泉街の中に環境省の層雲峡ビジターセンターがある。冬には「層雲峡氷瀑まつり」が開催されてたくさんの観光客で人気だ。近くに大雪山黒岳スキー場や、層雲峡・黒岳ロープウェイ、キャンプ場などがあり、大雪山への登山基地となっている。

住所:北海道上川郡上川町層雲峡
アクセス:JR北海道石北本線上川駅よりバスで約30分
泉質 :単純温泉・硫黄泉
効能:リウマチ、糖尿病、高血圧など

層雲峡温泉と一緒に行きたい観光スポット

  • 旭川市旭山動物園
  • 層雲峡
  • 大雪山層雲峡ロープウェイ
  • 旭岳

層雲峡温泉にの宿泊施設(旅館・ホテル・民宿)は以下にピックアップしました。ご自身で楽しみながら詳しくお調べください(外部リンク)

「じゃらん.net」で調べる方はこっち↓

「楽天トラベル」で調べる方はこっち↓

Pocket

秋田県の温泉【男鹿温泉郷】

Pocket

男鹿温泉郷(おがおんせんきょう)

秋田県男鹿市の入道崎の東側にある北浦地区を中心とした温泉郷。温泉街では、ナマハゲふれあい太鼓ライブや、秋田三味線ミニライブなどの演奏が楽しめる。
秋田県の男鹿温泉郷温泉水は飲用もできる。名物料理は石焼きなど。新鮮な魚介類などを桶に入れ、その中に、真っ赤に焼けた石を投げ込むことで、瞬時に煮込むという豪快な漁師料理だ。
温泉街の入り口には「なまはげ」の大きな像が立っていて分かりやすい。

▼おすすめの宿泊(旅館・ホテル・民宿)は以下にピックアップしました。ご自身で楽しみながら詳しくお調べください(外部リンク)

「じゃらん.ネット」で調べる方は↓

「楽天トラベル」で調べる方はこっち↓

男鹿温泉郷と一緒に旅行したい観光スポット

Pocket

青森県の温泉地【酸ヶ湯】

Pocket

酸ヶ湯(すかゆ)温泉

青森県青森市南部にある八甲田山の強力な酸性の湯が湧き出る温泉(旅館)。山中の一軒宿だが、混浴の千人風呂が有名でテレビにも度々登場する。酸ヶ湯はその環境が整ったすぐれた温泉地として国民保養温泉地第一号に指定された。
青森県の酸ヶ湯温泉登山帰りに立ち寄る登山客も多いが、各種効能から温泉目的の宿泊客がシーズン期には多数訪れる。有名人では、版画家「棟方志功」画伯や井伏鱒二、岡本太郎も訪れたとの由。
傷を負った鹿が、湧き出る湯に体を浸して癒しているところを狩人が発見したと伝えられている有名な湯治場だ。

混浴を楽しめるからか?隣のお土産店で湯浴み(ゆあみ)なるものを売っている(温泉で着用する1000円)が、女性だけの入浴時間帯もある。もちろん、フルオープン状態でもOKだ・・・(笑)「見ればまいね」と混浴を守る会のお言葉が書いてある。「見ちゃダメよ」って意味らしい。
脱衣所は男女別だが中は混浴となっている。ただしまったくの混浴というわけではなく、大浴槽は中央半分に目印があり、そこで男女が区切られている。

名物「千人風呂」には、洗い場はない。小さめだが、男女別の「玉の湯」にはあるので体を洗いたい場合はこちらを利用するといい。各種効能は流さない方が良いため、どちらにもシャワーがないのが難点だ。

入浴料金
・「千人風呂」と「玉の湯」の片方のみ入浴する場合
大人600円(小学生以下300円)
・「千人風呂」と「玉の湯」の両方入浴する場合
大人1000円(小学生以下500円)

利用時間
立ち寄り入浴:午前7時~午後5時半
千人風呂の女性専用時間帯:午前8時~9時、午後8時~9時
広間(休憩所):午前8時~午後3時

泉質:酸性硫黄泉(含石膏、酸性硫化水素泉) 

効能:リューマチ・神経痛、冷え性の方、神経炎、胃腸病、婦人病一般、痛風、創傷、火傷、ジンマシン、糖尿病、皮膚病、貧血病、常習便秘、痔、小児マヒ、ゼンソク、夜尿症、打撲、骨折の予後

住所:青森県青森市荒川南荒川山国有林酸湯沢50番地
アクセス:JR青い森鉄道青森駅からJRバス東北十和田北線で約1時間。
青森自動車道青森中央インターチェンジから約40分。国道103号線沿線。

▼おすすめの宿泊(旅館・ホテル・民宿)は以下にピックアップしました。ご自身で楽しみ ながら詳しくお調べください。(外部リンク)

「じゃらん.net」で調べる方はこっち↓

「楽天トラベル」で調べる方はこっち↓

酸ヶ湯と一緒に旅行したい観光スポット

Pocket