新潟県の観光スポット【信濃川ウォーターシャトル】

Pocket

新潟県の信濃川ウォーターシャトル新潟県の信濃川で運行している水上バスで観光クルーズにも対応している。

信濃川ウォーターシャトルの水上バス(定期便ダイヤ)は、新潟市歴史博物館「みなとぴあ」→国際コンベンションセンター「朱鷺メッセ」→「新潟ふるさと村」間を往復する「シャトル便」と、「朱鷺メッセ」を発着場に信濃川を観光遊覧クルーズする「周遊便」とが運行されている。また萬代橋(ばんだいばし)の下をくぐる。旅行の計画に上手く取り入れると楽しそうだ。

船内ではビールなどのアルコール類やコーヒーなどの飲み物、スナック類を販売している。尚、以下の観光クルーズやシャトル便で、お弁当などの持ち込みはOKとなっている。

 ▼シャトル便(定期便の水上バス)

発着場:朱鷲メッセ・万代橋西詰・万代シティ・県庁前・新潟ふるさと村
運行期間:3月下旬~11月下旬
乗船料金:乗船区間により 大人300円~1100円 小人150円~550円
一日フリー乗船券:1800円 小人900
※チケットは船内にて販売・車イス・ペット同乗可能(デッキのみ)

▼周遊便(観光遊覧クルーズ)

●アフタヌーンクルーズ(3月下旬~11月下旬)
周遊料金:大人1000円 小人500円
乗船時間:16:00~16:25 16:30~16:55
発着場:朱鷺メッセのみ

●サンセットクルーズ(3月下旬~11月下旬)
周遊料金:大人1000円 小人500円
乗船時間:17:00~17:55
発着場:朱鷺メッセのみ

●冬季周遊便(12月~3月20日頃)
乗船時間:10:00~15:00の間 
周遊料金:大人1000円 小人500円
発着場:朱鷺メッセのみ
遊覧時間:約25分

住所: 〒951-8052 新潟県新潟市中央区下大川前通2ノ町2230−33     万代橋ビルヂング 11F
電話番号:025-227-5200

信濃川ウォーターシャトルと一緒に旅行したい観光スポット

信濃川ウォーターシャトル観光に便利な宿泊(旅館・ホテル・民宿)は以下にクリップしました。ご自身で楽しみながらお調べください(外部リンク)

「じゃらん.net」で調べる方はこっち↓

じゃらんパック(JR+宿泊)(航空券+宿泊)にする方はこちらから

「JTB」で調べる方はこっち↓

(JR+宿泊)(航空券+宿泊)にする方は宿泊プランの右側(水色)が表示されているホテルの場合には水色部分をクリックすると一覧が出ますよ!

「楽天トラベル」で調べる方はこっち↓

Pocket

新潟県の観光スポット【上越市・高田城】

Pocket

高田城の観光に便利な宿泊・ホテル情報は下にクリップしてあります。

上越市・高田城(たかだじょう)

 高田城は、新潟県上越市の高田平野にある菩提ヶ原に築かれた平城で、築城主は、松平忠輝(1592~1683年)で新潟県の指定史跡にしていされている。この松平忠輝公とは、文禄元年(1592年)に徳川家康の六男として生まれ、8歳で伊達政宗の娘・五郎八姫と結婚し慶長19年新潟県上越市の高田城(たかだじょう)(1614年)高田城を築いて城主となった。なお高田城の竣工の支持命令は忠輝の舅である伊達政宗が行ったとされる。また、高田城には「天守閣」と「石垣」が見あたらない。3重3階の三重櫓を建てて天守の代用としたとされる。
「石垣」については数種の説があるが、大坂冬の陣の直前で竣工を急いでいたことや、石材が近くになく石垣石として耐えられる石材がなかった・・・低湿地のため弱い地盤が石垣の重量を支えられないと判断された・・などどされている。

高田城を中心とする城下には、16kmも続くみごとな雁木の街並みが残り、今でも城下町らしい景観が味わえる。特に高田城百万人観桜会が開催される期間は大勢の人が訪れるため混雑する。
また高田(城)公園の約4,000本の桜はみごとで、日本のさくら名所100選にも選ばれている。東京の上野恩賜公園・青森県の弘前公園と肩を並べて「日本三大夜桜」ともいわれる。桜並木がライトアップされた「さくらロード」で夜桜を楽しむのもいい。

●城郭構造:輪郭式平城
●別名:鮫ヶ城、関城、高陽城
●天守構造:御三重櫓
      1993年復興後は(独立式望楼型3重3階 鉄骨造)
●築城主: 松平忠輝

住所: 〒943-0835 新潟県上越市本城町6−1
電話番号:025-526-5915
駐車場:高田公園の駐車場を利用(無料)
資料館営業時間:午前9時~午後5時まで
入館料:一般 200円・小・中高生 100円
休館日:月曜日(月曜日が休日のときは翌日)、休日の翌日、12月29日~1月3日 ※高田城百万人観桜会、夏休み期間中は無休
アクセス:JR高田駅から徒歩約20分
     北陸道上越ICから約10分・上信越道上越高田ICから約10分

高田城と一緒に旅行したい観光スポット 

高田城の観光に便利な宿泊(旅館・ホテル・民宿)は以下にクリップしました。ご自身で楽しみながらお調べください(外部リンク)

「じゃらん.net」で調べる方はこっち↓

じゃらんパック(JR+宿泊)(航空券+宿泊)にする方はこちらから

「JTB」で調べる方はこっち↓

(JR+宿泊)(航空券+宿泊)にする方は宿泊プランの右側(水色)が表示されているホテルの場合には水色部分をクリックすると一覧が出ますよ!

「楽天トラベル」で調べる方はこっち↓

Pocket

新潟県の観光スポット【弥彦神社・弥彦公園】

Pocket

弥彦神社(彌彦神社)観光に便利な宿泊・ホテル情報は下にクリップしてあります。

弥彦神社/彌彦神社(いやひこじんじゃ)

 弥彦神社は、新潟県西蒲原郡弥彦村にあり、「万葉集」にも歌われる、弥彦山(標高634m)を神体山として祀る神社でパ新潟県の彌彦神社(いやひこじんじゃ)ワースポットとしても有名である。弥彦神社の拝殿わきからロープウェイ山麓駅までの道「万葉の道」をロープウェイ山麓駅まで歩くと、山頂までロープウェイで約5分で日本海も望める「弥彦山頂公園」に到着する。車の方は、弥彦山からの眺めが楽しめる総延長13kmのドライブコース「弥彦スカイライン」(※冬期間は通行止)がおすすめだ。
祭神は、天香山命 (あめのかごやまのみこと)で、神武天皇の命を受け、住民に海水から塩をつくる技術、漁、稲作など農耕術などの基礎を教えられたといわれており、越後国開拓の祖神として信仰されたそうだ。

境内のみどころ

  • 新潟県の弥彦神社/彌彦神社一の鳥居一の鳥居(いちのとりい)
    左写真の通り、彌彦神社の入り口に立つ鳥居で、高さ約8.4mで稚児柱支え建て両部型鳥居。パワースポットらしい雰囲気がただよう・・・霊界への入り口らしい。
  • 摂社・末社(せっしゃ・まっしゃ)
    彌彦神社境内には8つの摂社(彌彦神社の神様のご子孫を祀った神社)と末社がある。
  • 玉の橋(たまのはし)御神橋
    「神様だけが渡れる神聖な橋」とされ、人は決して渡ることはできない。
  • 御神木(ごしんぼく)
    御祭神が越後国開拓のために、弥彦においでになったとき、携えられた杖を地にさし「この地方が私の永住するにふさわしい所なら、根を生じ芽を出し繁茂するであろう」と言われ、その言葉通りに生育されたと伝わっているそうだ。
  • 狛犬(こまいぬ)
    国の登録有形文化財に登録された酒井八右衛門の作品
  • 本殿  
    三間社流造になっている。
  • 幣殿
  • 拝殿(はいでん) 参拝や祈祷をするための施設
    明治45年(1912年)に焼失したため大正5年に再建され、国の登録有形文化財である。
  • 随神門(ずいじんもん)
    「天香山命(あめかごやまのみこと)」に随行してきた「印南鹿神(いなしかしん)」の子息兄弟の神様と言われている。
  • 万葉道
    弥彦神社の拝殿わきからロープウェイ山麓駅までの山道。

弥彦山頂

  • 御神廟ごしんびょう (奥の宮)
    彌彦神社の祭神である天香山命と妃神・熟穂屋姫命の神廟とされていて縁結びの名所。彌彦神社から約3.5km(弥彦山ロープウェイ山頂駅から徒歩10分)越後平野を見渡す弥彦山山頂にある奥の宮。本社から御神廟(弥彦山頂)まで徒歩だと、100分程度はかかる。
  • 志田大太刀(しだのおおたち)刃渡2.2の大太刀で、室町時代の備前長船派の刀工家盛の作。国の重要文化財指定されている。
    ※岡山県の備前に長船刀剣館があるので興味のある方はぜひどうぞ!
    (管理人は刀好きなもので・・・。刀剣の修理などもしてくれますよ)

住所:新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦2898
アクセス:(本社まで)JR東日本弥彦線 弥彦駅 から徒歩約15分
駐車場:本社・弥彦山頂(弥彦スカイライン)共に有り。

 弥彦スカイライン(冬期間は通行止になる)
     彌彦神社→猿ヶ馬場ゲート経由→弥彦山頂(約25分)
     彌彦神社→岩室・間瀬ゲート経由→弥彦山頂(約35分)

弥彦山ロープウェイ(山麓駅→山頂駅)
ロープウェイの山麓駅までは、本社から徒歩で約10分(送迎バスもある)山頂駅下車後は、徒歩約10分で到着する。

弥彦菊まつり(新潟県菊花展覧会)
県内外から、6000鉢にも及ぶ出品がある。畳60畳分に、30000本の小菊で全国の景勝地を造園する「大風景花壇」が有名。
毎年11月はじめから3週間あまりの期間、花連盟主催、厚生労働省後援で開催される。

弥彦温泉

弥彦温泉の源泉は、現在2つで「桜井郷温泉」「湯神社温泉」である。
※観音寺温泉は、東日本大震災の影響で源泉水位が低下したため、現在、温泉水の供給が停止している。

▼日帰り入浴(立ち寄り入浴)ができる温泉施設(宿泊は下記参照

さくらの湯 桜井郷温泉
(露天風呂・サウナ・食事・宴会可・休憩室あり)
電話番号:0256-94-1126
入浴時間:10:00~22:00

冥加屋 湯神社温泉(喫茶あり)
電話番号:0256-94-2034
入浴時間:10:00~17:00

ホテルヴァイス 湯神社温泉(土日祝に限る)
露天風呂・サウナ有り・食事可)
電話番号:0256-94-5612
入浴時間:11:00~16:00

山本館 湯神社温泉(土日祝に限る)
電話番号:0256-94-2061
入浴時間:11:00~16:00

綜栄館 湯神社温泉
電話番号:0256-94-4711
入浴時間:11:00~21:00

弥彦公園 紅葉が美しい

新潟県の弥彦公園

左写真は、紅葉と朱色の観月橋が美しい弥彦公園内のもみじ谷。広さは16万㎡と、かなり広い公園で、水芭蕉園や花菖蒲園の他、子ども用コンビネーション遊具やテニスコート、富士山の溶岩で造られてたトンネル、横綱羽黒山の業績をたたえた記念碑などの観光スポットがある。JR弥彦線「弥彦駅」からすぐにあるので、紅葉の季節は特におすすめ。ライトアップされて、日が暮れてからの散策も楽しめる。北陸自動車道「三条燕IC」からだと車で30分程度で到着する(駐車場あり)。

住所:新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦667-1

弥彦神社(彌彦神社)と一緒に旅行したい観光スポット

弥彦神社(彌彦神社)の観光に便利な宿泊(旅館・ホテル・民宿)は以下にクリップしました。ご自身で楽しみながらお調べください(外部リンク)

「じゃらん.net」で調べる方はこっち↓

じゃらんパック(JR+宿泊)(航空券+宿泊)にする方はこちらから

「JTB」で調べる方はこっち↓

(JR+宿泊)(航空券+宿泊)にする方は宿泊プランの右側(水色)が表示されているホテルの場合には水色部分をクリックすると一覧が出ますよ!

「楽天トラベル」で調べる方はこっち↓

Pocket

新潟県の観光スポット【新発田城・新発田城址公園】

Pocket

新発田城宿泊・ホテル情報は下にクリップしてあります。

新発田城(しばたじょう)(国指定重要文化財)

 新潟県新発田市にある「新発田城」は、平地に作られた珍しいお城で、初代新発田藩主溝口秀勝(みぞぐちひでかつ)が慶長3年(1598年)に築城し、3代宣直(のぶなお)のときに完成した。新発田新潟県の新発田城城は、別名「(菖蒲)あやめ城」とも呼ばれ、「切込みはぎ」という石と石をすき間なくかみ合わせて積みあげる技術でつくられている。櫓の壁には、寒い北国の積雪に備えて海鼠壁(なまこかべ※継ぎ手部分を漆喰で固める際に蒲鉾形の目地をつけた外壁仕上げのことで、耐水、防火性がある)が使用されており全国的にも珍しいものである。天守がないため、本丸の3重櫓を上げて「三階櫓」と呼んでいたものが実質的な天守であったらしい。表門と二の丸隅櫓は国の重要文化財に指定されている。新発田城の表門前には、初代藩主である溝口秀勝の銅像と赤穂義士の討ち入りで重要な役割を果たした堀部安兵衛(堀部武庸)の像がある。実はこの堀部安兵衛は、浅野家の家臣に養子に入る前まで新発田の武士であったのだ。城郭跡地の大部分は日本陸軍が置かれいた関係で、現在も陸上自衛隊の駐屯地(新発田駐屯地)となっているため、城内建築物の内で「二の丸隅櫓」「本丸表門」「辰巳櫓」が観光できる。自衛隊敷地内の「三階櫓」は外観の観覧はできるが内部は公開されていないのが残念である。

城郭構造:平城
別名:菖蒲(あやめ)城・舟形城
天守構造:御三階櫓複合式層塔型3重3階

開門時間:午前9時~午後5時(11月のみ午後4時30分閉門)      
開門期間:4月~11月
入場料:無料
駐車場:100台(無料)
住所:新潟県新発田市大手町6
アクセス:JR羽越本線「新発田」駅から徒歩約20分程度
      日本海東北自動車道 聖籠新発田I.Cより車で10分

新発田城址公園(しばたじょうしこうえん)

新発田城跡を含む新発田城址公園 は、日本の歴史公園100選にも指定されていて、新発田城の建物は、毎夜ライトアップされてる。春には300本ものソメイヨシノと60本あまりの八重桜が咲き誇る桜の名所となり、多くの観光客が訪れている。4月は「新発田の春まつり」でステージアトラクションや各種イベントが開催される。1月には「城下町しばた全国雑煮合戦」も開催されている。安兵衛茶屋(開門期間のみの営業)では、軽食やお土産物が販売されている。

住所:新潟県新発田市大手町6
電話番号:0254-26-6789
開門時間:午前9時~午後5時(11月のみ午後4時30分閉門)      
開門期間:4月~11月

入場料:無料
入場時間:9時~21時
駐車場利用時間:9時~17時(桜まつり時は21時30分まで)

新発田城・新発田城址公園と一緒に旅行したい観光スポット

新発田城・新発田城址公園観光に便利な宿泊(旅館・ホテル・民宿)は以下にクリップしました。ご自身で楽しみながらお調べください(外部リンク)   近くの月岡温泉はこちらで調べてください

「じゃらん.net」で調べる方はこっち↓

じゃらんパック(JR+宿泊)(航空券+宿泊)にする方はこちらから

「JTB」で調べる方はこっち↓

(JR+宿泊)(航空券+宿泊)にする方は宿泊プランの右側(水色)が表示されているホテルの場合には水色部分をクリックすると一覧が出ますよ!

「楽天トラベル」で調べる方はこっち↓

Pocket