山形県の温泉地【銀山温泉・白銀公園】

Pocket

銀山温泉(ぎんざんおんせん)

銀山温泉宿泊・ホテル情報は一番下にクリップしてあります。

銀山温泉は、奥州街道より約12km入った山間部、山形県尾花沢市にある温泉で山形県の銀山温泉NHK連続テレビ小説「おしん」の舞台となったことで全国的にあまりにも有名だ。温泉街は、銀山川の両岸に大正から昭和初期にかけての建築の旅館が立ち並び、多くの旅館は、建築された当時としては非常にモダンな木造建築であり、外装には鏝絵が施されている。また、歩道にはガス灯が並んでいて大正ロマンを感じさせる独特の雰囲気が漂う・・・。日本三大銀山の一つだった「出羽延沢銀山」として栄えた後に、掘り工が中沢に湯の湧き出てるのを発見したもので湯治場として知られるようになったそうだ。昭和43年11月国民保養温泉の指定を受けている。最近温泉街の入り口付近に足湯が設置された他、立ち寄り入浴ができる共同浴場もある。銀山温泉奥にある白銀公園の入口近くの「はいからさん通り」の店頭で販売されているカレーパンが人気となっている。

散策コース

  • ゆったり散策コース(約1.9km 約90分)
    銀山温泉街→白銀の滝→滝の不動尊→せとこい橋・籟音の滝→河鹿橋→夏しらず坑→銀鉱洞→儀賀市郎左衛門の像→山の神神社→銀山温泉街
  • 銀鉱洞直行コース(約1.4km 約60分)
    銀山温泉街→白銀の滝→滝の不動尊→せとこい橋・籟音の滝→河鹿橋→夏しらず坑→銀鉱洞→儀賀市郎左衛門の像→銀山温泉街
  • 滝見コース(約0.8km 約20分)
    銀山温泉街→せとこい橋・籟音の滝→コウモリ穴→白銀の滝→銀山温泉街

泉温:63.8℃
泉質:ナトリウム塩化物・硫酸塩温泉
効能:慢性皮膚病、慢性婦人病、高血圧症、神経痛など
アクセス:大石田駅より「銀山温泉行」バス40分
電話番号:0237-28-3933

白銀公園

銀坑洞と銀山川の周囲を含めた自然公園が白銀公園となっていて、銀山温泉の温泉街から徒歩で20分くらいで行ける。公園内には、落差22mの白銀の滝など見どころが点在する。上記の散策コースを参考にして欲しい。売店やトイレ、休憩所もある。

●延沢銀山遺跡(のべさわぎんざんいせき)
 国指定史跡となった銀鉱洞跡は、白銀公園にある銀鉱山の鉱道跡で浴衣姿で坑内を一巡できるそうだ。
住所:〒999-4333 山形県尾花沢市銀山新畑地内
アクセス :山形新幹線大石田駅より市営バス銀山温泉行40分、銀山温泉より徒歩20分

白銀の滝(しろがねのたき)
白銀公園内にある落差22mの滝で公園の入り口近くにある。対岸に観瀑台があるので、上記散策コースでゆっくりどうぞ。

 ●洗心峡
清らかな静けさは人の心のけがれをおのずと洗い落とすような感じがするというので、この峡谷一帯を「洗心峡」といい、この石碑が建てられているそうだ。

●おもかげ園
白銀公園一帯のメインとなるおもかげ園。路傍には奥の知れない坑口や煙出しの縦坑が間近で見ることができる。

●銀鉱洞
随所に焼堀の跡などがよく残っている

●山の神神社
子宝安産、夫婦円満の神様として知られる

銀山温泉と一緒に旅行したい観光スポット

銀山温泉の宿泊施設(旅館・ホテル・民宿)は以下にクリップしました。ご自身で楽しみながらお調べください(外部リンク)

「じゃらん.net」で調べる方はこっち↓

「楽天トラベル」で調べる方はこっち↓

「JTB」で調べる方はこっち↓

Pocket