青森県の温泉地【下風呂温泉郷】

Pocket

下風呂温泉(しもふろおんせん)

本州北の果ての海岸沿いの下北半島風間浦村にある温泉で、室町時代から知られた湯治場として親しまれてきたのが下風呂温泉だ。温泉街では「遊めぐり」という湯巡手形が発行されていて、湯めぐりを楽しめる。お湯がかなり熱いのでアツ湯好みの方には喜ばれるかもしれません。
青森県の温泉【下風呂温泉郷】「海峡メモリアルロード 」という遊歩道が整備されていて、新鮮な海の幸に舌鼓を打つ前に温泉街を散歩するのもよい。
できれば目の前に広がる津軽海峡を眺めつつ、安目の宿に宿泊しのんびり楽しんで欲しいが、忙しい方は、二つある村営共同浴場も利用できる(下記参照)
「ああ、湯が滲みて来る。本州の北の果ての海っぱたで、雪の降り積る温泉旅館の浴槽に沈 んで、俺はいま硫黄の匂いを嗅いでいる。」 
作家・井上靖の小説『海峡』の一節である。
昭和33年3月9日、「ここなら渡鳥の声が聞ける」と紹介された井上靖が、津軽海峡に面した 下風呂温泉郷を訪れ、『海峡』の終局を執筆したらしい。

住所:青森県下北郡風間浦村下風呂
アクセス : 大湊線下北駅より下北交通バス佐井線で約1時間10分
泉質:塩化土類硫化水素泉など
泉温:65 – 95 ℃
効能:疲労回復・神経痛・気管支喘息・皮膚病・リウマチ性など

 ←海岸沿いの共同浴場青森県の下風呂温泉共同浴場

営業時間:7:00~20:30
大湯:月曜休み
新湯:火曜休
入浴料:350円
大湯電話:0175-36-2824
新湯電話:0175-36-2860

 

▼おすすめの宿泊(旅館・ホテル・民宿)は以下にピックアップしました。ご自身で楽しみ ながら詳しくお調べください。(外部リンク)

「じゃらん」で調べる方はこっち↓

「楽天トラベル」で調べる方はこっち↓

 

Pocket