青森県の観光地【三内丸山遺跡】

Pocket

三内丸山遺跡(さんないまるやまいせき)

青森県青森市大字三内字丸山にある、縄文時代前期中頃から中期末葉の大規模集落跡。これほどの集落がなぜ終焉を迎えたのかは謎とされている。
青森県の三内丸山遺跡遺跡は約40ヘクタールの広大な範囲に広がっている。集落は住居・墓・捨て場・住居・大型掘立柱建物・掘立柱建物・貯蔵穴・土坑墓・粘土採掘穴・盛り土・道路などが、計画的に配置されている。
「縄文時遊館」など遺跡の整備が進み観光施設となっている。おもな遺跡は、六本柱建物跡 大型竪穴式住居跡 竪穴式住居跡 掘立柱建物跡(高床式倉庫跡)環状配石墓などだ。
ボランティアの人による定時の遺跡案内は9時15分~16時(10月~翌3月~15時30分)となっている。

住所:〒038-0031青森県青森市大字三内字丸山305
料金 : 入場無料
駐車場:668台(無料)
営業期間  : 9時~19時(11月~3月は~17時)年中無休

アクセス
JR青森駅から車で約20分(約7キロメートル)
JR新青森駅から車で約10分(約2.5キロメートル)
 東北道青森ICよりR7環状バイパス経由、三内丸山遺跡方面へ5分
青森空港から車で30分(8.5キロメートル)

三内丸山遺跡と一緒に行きたい観光スポット

三内丸山遺跡の観光に便利な宿泊先(ホテル・旅館)をクリップしました。ご自身で、楽しみながらお調べ下さい(外部リンク)

じゃらん.netで調べる方はこっち↓

楽天トラベルで調べる方はこっち↓

最後までお読みいただきありがとうございました。管理人

Pocket