新潟県の観光スポット【西福寺・開山堂(石川雲蝶の彫刻)】

Pocket

西福寺・開山堂観光に便利な宿泊・ホテル情報は下にクリップしてあります。

西福寺(さいふくじ)開山堂(かいざんどう)

新潟県の西福寺(開山堂)西福寺は、新潟県魚沼市にある曹洞宗の寺院だが、江戸時代の名工「石川雲蝶の彫刻」が多数残っているため大勢が訪れる人気観光スポットとなっている。開山堂とは、仏教寺院において開山の像を祀った堂のことだが、天井に、江戸末期に石川雲蝶が6年かけて作ったとされる道元禅師猛虎調伏の図(大きさ約5.5m×5.5m)が特に有名で見ごたえがある。管理人が訪れた時もそうだったが、団体客と一緒になるとゆっくりとは見られない・・・。名工・石川雲蝶の彫刻目当ての方は、観光客が少ない時間帯や曜日を選んだ方がよさそうである。また、お天気が悪いとお堂の中が暗いので少し見えにくいだろう。「寝転ばないで下さい!」と注意があるのだが、横になってゆっくり眺めてみたいもんだ。この西福寺開山堂は、御開山芳室祖春大和尚や道元といった開山導師を奉るために、第23世住職の蟠谷大龍により建立されたものである。石川雲蝶の彫刻は、新潟県の重要文化財に指定されている。大縁廊下の床板にも、石川雲蝶が作った埋め木があり雲蝶の技を見ることができる他、本堂内の襖においては石川雲蝶が書いた絵も鑑賞できる。

住所:〒946-0033 新潟県魚沼市大浦174
アクセス:関越自動車道「小出IC」から車で
     JR上越線「小出駅」から車でで10分
     上越新幹線「浦佐駅」よりタクシーで10分
見学時間:4月~11月:9時~15時40分(拝観は16時まで)
      12月~3月:9時30分~14時40分(拝観は15時まで)

西福寺・開山堂と一緒に旅行したい観光スポット 

西福寺・開山堂の観光に便利な宿泊(旅館・ホテル・民宿)は以下にクリップしました。ご自身で楽しみながらお調べください(外部リンク)

「じゃらん.net」で調べる方はこっち↓

じゃらんパック(JR+宿泊)(航空券+宿泊)にする方はこちらから

「JTB」で調べる方はこっち↓

(JR+宿泊)(航空券+宿泊)にする方は宿泊プランの右側(水色)が表示されているホテルの場合には水色部分をクリックすると一覧が出ますよ!

「楽天トラベル」で調べる方はこっち↓

Pocket