北海道の観光スポット【釧路湿原・北斗遺跡】

Pocket

釧路湿原(くしろしつげん)

北海道の道東エリアにあり、釧路平野の太平洋側に位置する日本最大の湿原。この釧路湿原を観光するための方法は3つ。高台にある複数の展望台から眺めるか、遊歩道を歩いたりカヌー等による川下りで体感するか、JR釧網本線の一部の区間が湿原内を通るため、列車に乗車したまんま眺めるか・・・だ。
北海道の釧路湿原湿原の東端にある細岡展望台(ほそおかてんぼうだい)からは蛇行する釧路川や宮島岬などを一望できる。晴れた日は阿寒山等を望むこともでき、夕方は夕日がとっても美しい。展望台までの間に細岡ビジターズラウンジがあり、無料で休憩できるほか、食事も取ることができる。

細岡展望台
住所
: 〒088-2140 北海道釧路郡釧路町字達古武細岡
電話::0154-40-4455
アクセス:JR北海道釧網本線釧路湿原駅より徒歩約20分。
       釧路駅から車で約25km。

鶴居どさんこ牧場 :北海道阿寒郡鶴居村字久著呂71-1

釧路湿原・北斗遺跡と一緒に旅行したい観光スポット

釧路湿原の観光に便利な宿泊(旅館・ホテル・民宿)は以下にピックアップしました。ご自身で楽しみながらお調べください(外部リンク)

「じゃらん.net」で調べる方はこっち↓

 「楽天トラベル」で調べる方はこっち↓

北斗遺跡(ほくといせき)

旧石器時代から縄文・続縄文時代を経て擦文時代に至る重複遺跡で、釧路湿原を望む標高20m前後の台地上の東西2,500m・南北500mの範囲に、縄文・続縄文時代の浅い円形・楕円形竪穴102軒、擦文時代の四角形竪穴232軒がくぼんだ状態で残されている。
北海道の北斗遺跡釧路湿原西縁において最も規模の大きい重要な遺跡であることにより、東側233,471平方メートルが国指定史跡となっています。史跡北斗遺跡展示館があり、北斗遺跡で出土した土器・石器・金属製品などの実物資料のほか、復元住居、遺構全体模型が見られる。

開設期間: 4月16日~11月15日
開館時間: 午前10時~午後4時まで
休 館 日 : 毎週月曜日(11月16日より4月15日まで)
入 館 料: 無 料
アクセス:  釧路駅からバスで40分
       (阿寒バス鶴居線北斗坂下下車徒歩5分)
       ※最終入館は閉館時間の30分前まで。

休館日 年末年始(12月31日~1月3日)
入館料 一般・大学生470円 高校生250円 小中学生120円(平成26年4月1日改定)

住所:〒084-0922 釧路市北斗6番7号
電話(FAX):0154-56-2677

一緒に旅したい道東エリアの観光スポット

 

Pocket