福島県の観光スポット【大内宿】

Pocket

大内宿(おおうちじゅく)

大内宿の観光に便利な宿泊・ホテル情報は下にクリップしてあります。
福島県南会津の山中にある全長約450mに及ぶ道に妻を向けた寄棟造の民家が建ち並ぶ「宿場・本陣」で、重要伝統的建造物群保存地区として選定されている。江戸時代には「半農半宿」の宿場であったらしいのだが、その雰囲気そのままに旧街道沿いに茅葺き民家が整然と並んでいて独特の雰囲気福島県の大内宿(おおうちじゅく)が漂う・・・。江戸時代に会津西街道の宿場として、寛永20年(1643年)頃に盆地内を北北東から南南西に貫く街道に沿って整然とした屋敷割の街並みが形作られたと伝わっている。若松城(鶴ヶ城)から江戸までは61里、5泊6日ほどであるが、会津若松から5里の距離にある大内宿には本陣や脇本陣が設置され、会津藩の参勤交代や米の輸送集散地として、また(当時会津藩と友好関係にあった)米沢藩・新発田藩なども利用する重要な場所となっていた。天正18年(1590年)伊達政宗の小田原参陣、同年の豊臣秀吉の奥羽仕置きのため通行した記録もあるそうだ。大内宿本陣跡には「下郷町町並み展示館」があって民宿やお土産物屋さんやお蕎麦屋さんなどが立ち並んでいる。福島県・大内宿の高遠そばこの大内宿の名物である「高遠そば」は、お箸の代わりに一本だけのネギを使っていて蕎麦を食べるというユニークな習慣があっておもしろい。旅行の思い出に食してみてはどうだろうか・・・?お蕎麦を食べてブラブラ歩き回っても2時間位で観光できると思う。

住所:〒969-5207 福島県南会津郡下郷町大字大内
電話番号:0241-68-3611
駐車場:1回普通車300円、中型車500円、大型車1000円

アクセス:会津鉄道「湯野上温泉駅」下車、タクシーで約10分

大内宿雪まつり 
毎年2月第2土・日曜に開催されている。高倉神社から御神火をいただいた下帯姿で松明を持ち、大内宿集落を走って点灯する御神事のほか、時代仮装大会や花火の打上げが行われる。

大内宿と一緒に旅行したい観光スポット

大内宿の観光に便利な宿泊(旅館・ホテル・民宿)は以下にクリップしました。ご自身で楽しみながらお調べください(外部リンク)

「じゃらん.net」で調べる方はこっち↓

じゃらんパック(JR+宿泊)(航空券+宿泊)にする方はこちらから

「JTB」で調べる方はこっち↓

(JR+宿泊)(航空券+宿泊)にする方はJTB画面「宿泊プラン一覧」の右側(水色)が表示されているホテルの場合には、水色部分ををクリックすると一覧が出ますよ!

「楽天トラベル」で調べる方はこっち↓

Pocket