福島県の温泉【東山温泉】

Pocket

東山温泉(ひがしやまおんせん)

     東山温泉の宿泊・ホテル情報は下にクリップしてあります。

福島県の東山温泉東山温泉街は、会津若松城(鶴ヶ城)から約3kmの湯川沿いにあり、観光には便利な位置にあり城下町らしい温泉宿が並ぶ。福島県会津若松市にある温泉で、山形県の上山温泉・湯野浜温泉と東山温泉は「奥羽三楽郷」と呼ばれていた。江戸時代には会津藩の湯治場として栄え、会津若松の奥座敷と呼ばれている。 あの会津民謡で知られる「小原庄助さん♪」ゆかりの温泉とされているそうだ。芦ノ牧温泉と同じく、湯量は毎分1,500リットルと豊富で特筆すべきは、派手なネオン街はないけど「からり妓さん」といわれる芸妓さんがお仕事されていること。また、温泉街付近の湯川には多くの滝があり、「雨降り滝」「原滝」「向滝」「伏見ヶ滝」の四つの滝は、東山四大滝と呼ばれている。このせいか?東山温泉の旅館には「滝」の付く名前が多い。たとえば、新撰組副長・土方歳三が戦の傷を癒した際の源泉を持つ「不動滝」や会津藩指定保養所の歴史を持つ「向瀧」などだ。

泉質: 硫酸塩泉(カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物温泉)
効能: リウマチ性疾患・運動器障害・慢性皮膚疾患など
アクセス: 磐越道会津若松ICより約20分程度
 JR磐越西線会津若松駅下車。周遊バスで「東山温泉駅」迄約20分

東山温泉と一緒に旅行したい観光スポット

東山温泉の宿泊施設(旅館・ホテル・民宿)は以下にクリップしました。ご自身で楽しみながらお調べください(外部リンク)

「じゃらん.net」で調べる方はこっち↓

じゃらんパック(JR+宿泊)(航空券+宿泊)にする方はこちらから 

「JTB」で調べる方はこっち↓

JTBで(JR+宿泊)(航空券+宿泊)にしたい方は、JTB画面の宿泊プランの右側(水色)が表示されているホテルの場合には水色部分をクリックすると一覧が出ますよ!

「楽天トラベル」で調べる方はこっち↓

Pocket