福島県の温泉【いわき湯本温泉・スパリゾートハワイアンズ】

Pocket

いわき湯本温泉郷(いわきゆもとおんせん)

いわき湯本温泉は、月岡温泉、磐梯熱海温泉とともに「磐越三美人湯」に、また「道後温泉」「有馬温泉」と並んで日本三大古泉とも呼ばれる名湯に数えられており、福島県内有数の温泉観光地福島県のいわき湯本温泉郷だ。映画「フラガール」で有名になった巨大な温泉リゾート施設「スパリゾートハワイアンズ」も、いわき湯本温泉郷にある。ほとんどのいわき湯本温泉旅館では、温泉療法士(バルネオセラピストがいて効果のある温泉入浴法を無料で教えてくれるので利用してみよう。湯本駅前から山側へ向いての温泉通りに温泉街が広がっていて、共同浴場もある。日帰り入浴をする方は「さはこの湯」がいいだろう。近隣に「水族館アクアマリンふくしま」もあるので、家族連れでも楽しめそうだ。余談だが、この「いわき湯本温泉」には、日本中央競馬会競走馬総合研究所常磐支所には馬専用の温泉施設もあるようだ。
開湯の伝説では、傷を負った一羽の丹頂鶴がこの地の泉に降りてきて、かわいそうにと思った夫婦旅の人が傷口を丹念に洗い流したところ、そのツルは元気に飛び立ち、そして数日後ツルが化けた貴女が現れ、巻物を2人に授けた。そこには「この御湯を開き、天寿を全うせよ」とあったのが始まりとされている。

泉質:含硫黄、ナトリウム、塩化物(硫黄泉)・硫酸塩温泉
湧出量:毎分5,000リットル
効能:美肌作用・解毒作用・末梢血管拡張作用・血圧低下:動脈硬化・高血圧・保温効果
アクセス: 常磐線湯本駅からすぐ

スパリゾートハワイアンズ (いわき湯本温泉)

いわき湯本温泉のスパリゾートハワイアンズ

テレビでもお馴染み、スパリゾートハワイアンズは、福島県いわき市湯本温泉郷内の大型温水プール・温泉・ホテル・ゴルフ場からなる大型レジャー施設だ。映画「フラガール」(2006年9月23日公開)は、第80回キネマ旬報ベストテン・邦画第1位、第30回日本アカデミー賞最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀脚本賞、話題賞(作品部門)、最優秀助演女優賞を受賞したことで周知となり人気リゾートとなった。

  • スプリングタウン(水着を着用)
    打たせ湯、オンドル、ミストサウナ、ボディシャワーなど
  • 温泉浴場パレス(裸で入浴)
    960平方メートルの大浴場で男女合わせて12種24浴槽
  • スプリングプラザ
    幅20メートル、高さ3メートルの滝がある広場
  • 江戸情話 与市
    ギネスに認定された江戸時代の雰囲気の世界最大の大露天風呂

フラガールショーの有料予約席 (※自由席は無料)

SS席:168席 1,050円 1階前列 1~5列目
S席:昼116席・夜149席 850円 1階前列 昼6~8列目・夜6~9列目
A席:94席 720円 2階中央
B席:70席 720円 2階エレベーター脇

住所:福島県いわき市常磐藤原町蕨平50
アクセス JR常磐線湯本駅から新常磐交通ハワイアンズ行きバスで15分、終点下車すぐ
営業期間 :通年
営業時間 :10:00~22:00(閉場、時期により異なる)
休業日:無休
入場料:大人3150円、小学生2000円、幼児1400円
    水着セット1300円(水着・ガウン・浴用タオル)
駐車場: 3500台 無料

 スパリゾートハワイアンズ施設内の宿泊ホテル

いわき湯本温泉と一緒に旅行したい観光スポット

いわき湯本温泉郷宿泊施設(旅館・ホテル・民宿)は以下にクリップしました。ご自身で楽しみながらお調べください(外部リンク)

「じゃらん.net」で調べる方はこっち↓

じゃらんパック(JR+宿泊)(航空券+宿泊)にする方はこちらから 

「JTB」で調べる方はこっち↓

(JR+宿泊)(航空券+宿泊)にする方は宿泊プランの右側(水色)が表示されているホテルの場合には水色部分をクリックすると一覧が出ますよ!

「楽天トラベル」で調べる方はこっち↓

Pocket

福島県の観光スポット【猪苗代湖・野口英世記念館】

Pocket

猪苗代湖・磐梯観光に便利な宿泊・ホテルは下にクリップしてあります。

猪苗代湖(いなわしろこ)

福島県のほぼ中央(会津若松市、郡山市、耶麻郡猪苗代町にまたがる)にあり、琵琶湖、霞ヶ浦、サロマ湖に次いで日本福島県の猪苗代湖(いなわしろこ)第4位の大きさを誇る美しい湖だ。標高514mと高い所に位置する猪苗代湖は、磐梯朝日国立公園に指定されている。夏は、上戸浜・ 志田浜・天神浜・ 蟹沢浜・長浜で泳ぐこともできるし、魚釣り、水上スポーツや観光遊覧船、また猪苗代スキー場・グランドサンピア猪苗代リゾートスキー場・リステルスキーファンタジア・沼尻スキー場があり冬も楽しめる。また猪苗代は、「野口英世」のふるさとでもある。
なんだか2時間ドラマに出てきそうだが・・・会津地方に伝わっている伝説によると、弘法大師がこの地を通りかかった際、機を織っていた女に水を乞うが断られてしまう。そこで別の村で米をといでいた翁という名前の貧しい女に米のとぎ水を乞うと、快く飲ませてもらえた。その翌日、磐梯山が噴火して周囲の52の村が陥没して湖底に沈んでしまったが、弘法大師に水を飲ませた翁の家だけは湖底に沈まず、島となった。これが翁島だ!ってお話だとさ。

猪苗代湖畔の森/ウォーキングのコース
猪苗代湖畔の森には、天鏡閣・迎賓館(旧高松宮翁島別邸)がある。

  • 明治の小径(0.5km)
  • やすらぎの小径(2.2km)
  • 天鏡の小径(1.3km)
    「紅葉山展望台」があり猪苗代湖が一望できる。
  • おもいでの小径(0.8km)
    天鏡閣記が全文刻まれている「三方石」と呼ばれる大きな自然石がある。
  • まきばの小径(2.6km)

猪苗代湖上遊覧船 

磐梯観光船株式会社
住所:福島県耶麻郡猪苗代町大字堅田字宮西1060-2
電話:0242-62-5657
遊覧船内容:翁島めぐり(5月上旬~11月上旬)
        長浜~翁島めぐり~長浜(約35分)
料金:大人1,100円 小児550円

野口英世記念館(のぐちひでよきねんかん)

福島県の野口英世記念館左写真の野口英世の生家では、博士が過ごした当時と同じ場所にあり、博士が一歳半の時に落ちて火傷を負ってしまった囲炉裏や、上京の際床柱に刻んだ決意文「志を得ざれば再び此地を踏まず」も当時の姿のまま残されている。 誕生地碑(下には、メリー夫人から送られた博士の遺髪が納められている)忍耐の碑(博士自筆の書が刻まれている)母シカが、小さいころから祖母より教えられた観音経を唱え、遠く離れた中田観音を信仰していたため寄贈された観音堂(観音の胎内には、小林栄先生がアメリカの野口博士に贈った念持物が、台座には中田観音のご分霊が納められている)がある。

住所:〒969-3284 福島県耶麻郡猪苗代町大字三ツ和字前田81
電話番号:0242-65-2319

猪苗代湖・野口英世記念館と一緒に旅行したい観光スポット

猪苗代湖・野口英世記念館の観光に便利な宿泊(旅館・ホテル・民宿)は以下にクリップしました。ご自身で楽しみながらお調べください(外部リンク)

「じゃらん.net」で調べる方はこっち↓

じゃらんパック(JR+宿泊)(航空券+宿泊)にする方はこちらから 

「JTB」で調べる方はこっち↓

JR+宿泊)(航空券+宿泊)にする方は宿泊プランの右側(水色)が表示されているホテルの場合には水色部分をクリックすると一覧が出ますよ!

「楽天トラベル」で調べる方はこっち↓

Pocket

福島県の観光スポット【裏磐梯の五色沼・磐梯山噴火記念館・磐梯山3Dワールド】

Pocket

五色沼(ごしきぬま)

   裏磐梯・五色沼湖の宿泊・ホテル情報は下にクリップしてあります。

磐梯山の噴火口から流れる水によって、色々な神秘的で美しい色を見福島県の五色沼せてくれる磐梯山の北側「裏磐梯」に位置する五色沼。実はたくさんの火口湖の総称で、代表的な沼は毘沙門沼(五色沼最大)、赤沼、みどろ沼、弁天沼、瑠璃沼、青沼などがある。火山性の水質や植生物などによって、湖沼群は緑、赤、青などの様々な色彩を見せている。中でも五色沼最大のコバルトブルーが眩い毘沙門沼から見る磐梯山は裏磐梯を代表する景観の一つになっていて、ボートに乗ることもできる人気観光スポットだ。また、全部の沼を散策しながら・・・っていうのは、かなり余裕をもった観光プランじゃないとチョッと無理だ。下に代表的なトレッキングコースをあげておくので参考にしてください。

▼約3.6kmのトレッキングコース(所要時間:徒歩で約1時間程度)
五色沼入口バス停‐毘沙門沼‐赤沼‐深泥沼‐竜沼‐弁天沼‐瑠璃沼‐青沼‐柳沼‐裏磐梯高原駅バス停

車で観光できる方は、 無料の観光道路が整備されているので美しい景観を楽しみながらドライブが満喫できる。

▼磐梯山ゴールドライン(無料)
裏磐梯高原と会津をつなぐ道路で磐梯朝日国立公園のシンボル的存在の磐梯山爆裂火口の絶壁、猪苗代湖のなど。
旧源橋料金所→山湖台→とび滝展望台→黄金平→望湖台→旧桧原料金所
通行期間:4月中旬~11月中旬(要確認)

▼磐梯吾妻レークライン(無料)
磐梯山の噴火で生まれた桧原湖、小野川湖、秋元湖の湖沼を眺めながら林の中を走るルート。
旧剣ヶ峯料金所→涼風峠→三湖パラダイス→中津川渓谷→県道70号線
通行期間:4月中旬~11月中旬(要確認)

▼磐梯吾妻スカイライン(無料)「日本の道100選
福島市西方の高湯温泉から土湯峠へ吾妻の山並みを縫うパノラマコース。平均標高1350Mの絶景
旧土湯料金所→国見台→天風鏡→湖見峠→双竜の辻→浄土平→つばくろ谷→旧高湯料金所
通行期間:4月上旬~11月中旬(要確認)

住所:〒966-0401 福島県耶麻郡北塩原村
アクセス: 磐梯東都バスにて磐越西線猪苗代駅より約25分、喜多方駅より約60分

磐梯山噴火記念館

福島県の磐梯山噴火記念館明治21年(1888年)に大爆発した磐梯山の自然や気象関係について詳しく説明している火山の博物館で大型模型と映像とボディソニックで噴火の疑似体験をすることができる。1階では爆発時の磐梯山を描いたもの、噴火焼炎の実態について。タイムトンネルは迫力あふれるジオラマと立体音響で爆発寸前のマグマの響きを体験することができる。爆発後の惨状や水没した村の写真などやビデオを使ってわかりやすく展示してある。

住所:〒969-2701福島県耶麻郡北塩原村桧原字剣ヶ峯1093-36
電話番号:0241-32-2888
営業時間:8:00~17:00(4月~11月)
      9:00~16:00(12月~3月)
定休日:無休

磐梯山3Dワールド 

福島県の磐梯山3Dワールド磐梯山噴火記念館のとなりの全円周立体映像館である磐梯山3Dワールドは、桧原湖南側に開館オープンした。縦4、5m、横7mの大ビデオ画面6枚で全周42mの円筒スクリーンを包み、天井部分にも動く画像をつくり出すという世界初の360度全円周立体映像館らしい。臨場感あふれる磐梯山の噴火を再現している。

営業時間:8時~17時(12月~翌3月9時~16時)
      入館締切りは各30分前まで
休業期間:12月~翌年3月 平日休み
住所:〒969-2701 福島県耶麻郡北塩原村大字桧原字剣ヶ峯1093-716
アクセス:磐越道猪苗代磐梯高原ICよりR459経由、磐梯山方面へ25分

五色沼・磐梯山噴火記念館と一緒に旅行したい観光スポット

裏磐梯・五色沼湖の観光に便利な宿泊(旅館・ホテル・民宿)は以下にクリップしました。ご自身で楽しみながらお調べください(外部リンク)

「じゃらん.net」で調べる方はこっち↓

じゃらんパック(JR+宿泊)(航空券+宿泊)にする方はこちらから 

「JTB」で調べる方はこっち↓

JR+宿泊)(航空券+宿泊)にする方は宿泊プランの右側(水色)が表示されているホテルの場合には水色部分をクリックすると一覧が出ますよ!

「楽天トラベル」で調べる方はこっち↓

Pocket

福島県の温泉【東山温泉】

Pocket

東山温泉(ひがしやまおんせん)

     東山温泉の宿泊・ホテル情報は下にクリップしてあります。

福島県の東山温泉東山温泉街は、会津若松城(鶴ヶ城)から約3kmの湯川沿いにあり、観光には便利な位置にあり城下町らしい温泉宿が並ぶ。福島県会津若松市にある温泉で、山形県の上山温泉・湯野浜温泉と東山温泉は「奥羽三楽郷」と呼ばれていた。江戸時代には会津藩の湯治場として栄え、会津若松の奥座敷と呼ばれている。 あの会津民謡で知られる「小原庄助さん♪」ゆかりの温泉とされているそうだ。芦ノ牧温泉と同じく、湯量は毎分1,500リットルと豊富で特筆すべきは、派手なネオン街はないけど「からり妓さん」といわれる芸妓さんがお仕事されていること。また、温泉街付近の湯川には多くの滝があり、「雨降り滝」「原滝」「向滝」「伏見ヶ滝」の四つの滝は、東山四大滝と呼ばれている。このせいか?東山温泉の旅館には「滝」の付く名前が多い。たとえば、新撰組副長・土方歳三が戦の傷を癒した際の源泉を持つ「不動滝」や会津藩指定保養所の歴史を持つ「向瀧」などだ。

泉質: 硫酸塩泉(カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物温泉)
効能: リウマチ性疾患・運動器障害・慢性皮膚疾患など
アクセス: 磐越道会津若松ICより約20分程度
 JR磐越西線会津若松駅下車。周遊バスで「東山温泉駅」迄約20分

東山温泉と一緒に旅行したい観光スポット

東山温泉の宿泊施設(旅館・ホテル・民宿)は以下にクリップしました。ご自身で楽しみながらお調べください(外部リンク)

「じゃらん.net」で調べる方はこっち↓

じゃらんパック(JR+宿泊)(航空券+宿泊)にする方はこちらから 

「JTB」で調べる方はこっち↓

JTBで(JR+宿泊)(航空券+宿泊)にしたい方は、JTB画面の宿泊プランの右側(水色)が表示されているホテルの場合には水色部分をクリックすると一覧が出ますよ!

「楽天トラベル」で調べる方はこっち↓

Pocket

福島県の温泉【会津・芦ノ牧温泉】

Pocket

会津・芦ノ牧温泉(あしのまきおんせん)

    芦ノ牧温泉の宿泊・ホテル情報は下にクリップしてあります。

福島県の会津・芦ノ牧温泉芦ノ牧温泉は福島県会津若松市にある渓谷が美しい温泉で、湯量豊富な子宝に恵まれるとされる天然温泉だ。 温泉街の中心付近には足湯があり、金精様を祀った金精神社の前にも足湯がある。開湯は1200年前とされており、伝説によれば、旅の行基上人による発見とされる。共同浴場はないので、立ち寄り入浴希望の場合には旅館の日帰り入浴を利用しよう。会津若松市内からのアクセスも車で約25分程度と便利なので、大内宿、塔のへつり、鶴ヶ城、会津武家屋敷などの観光基地として宿泊するのもいいだろう。

足ポッポ:(足湯) 見晴らしのよい場所にある源泉かけ流しの足湯
いちいの小路:(遊歩道)距離およそ1.2kmの散策遊歩道
出会いの湯滝:芦ノ牧の温泉街を入ってすぐの位置にある
金精神社:(子宝の湯)芦ノ牧のお湯は特に傷に効くと有名
源泉の温度が高いことと、豊富な湯量で昔から子宝祈願の方も方々から訪れている。

泉質: 塩化物泉・単純温泉
効能: 切り傷・動脈硬化症・やけど・慢性皮膚病・慢性婦人病など
源泉温度: 60℃

住所: 福島県会津若松市(国道118号が阿賀川を横断する辺り)
アクセス: 会津鉄道芦ノ牧温泉駅より会津バスで約15分
路線バス: 会津若松駅→芦ノ牧温泉(45分~50分)
福島空港: 福島空港→郡山駅→会津若松駅→芦ノ牧温泉駅(2時間30分)

芦ノ牧温泉と一緒に旅行したい観光スポット 

芦ノ牧温泉の宿泊施設(旅館・ホテル・民宿)は以下にクリップしました。ご自身で楽しみながらお調べください(外部リンク)

「じゃらん.net」で調べる方はこっち↓

じゃらんパック(JR+宿泊)(航空券+宿泊)にする方はこちらから 

「JTB」で調べる方はこっち↓

JTBで(JR+宿泊)(航空券+宿泊)にしたい方は、JTB画面の宿泊プランの右側(水色)が表示されているホテルの場合には水色部分をクリックすると一覧が出ますよ!

「楽天トラベル」で調べる方はこっち↓

Pocket

福島県の観光スポット【大内宿】

Pocket

大内宿(おおうちじゅく)

大内宿の観光に便利な宿泊・ホテル情報は下にクリップしてあります。
福島県南会津の山中にある全長約450mに及ぶ道に妻を向けた寄棟造の民家が建ち並ぶ「宿場・本陣」で、重要伝統的建造物群保存地区として選定されている。江戸時代には「半農半宿」の宿場であったらしいのだが、その雰囲気そのままに旧街道沿いに茅葺き民家が整然と並んでいて独特の雰囲気福島県の大内宿(おおうちじゅく)が漂う・・・。江戸時代に会津西街道の宿場として、寛永20年(1643年)頃に盆地内を北北東から南南西に貫く街道に沿って整然とした屋敷割の街並みが形作られたと伝わっている。若松城(鶴ヶ城)から江戸までは61里、5泊6日ほどであるが、会津若松から5里の距離にある大内宿には本陣や脇本陣が設置され、会津藩の参勤交代や米の輸送集散地として、また(当時会津藩と友好関係にあった)米沢藩・新発田藩なども利用する重要な場所となっていた。天正18年(1590年)伊達政宗の小田原参陣、同年の豊臣秀吉の奥羽仕置きのため通行した記録もあるそうだ。大内宿本陣跡には「下郷町町並み展示館」があって民宿やお土産物屋さんやお蕎麦屋さんなどが立ち並んでいる。福島県・大内宿の高遠そばこの大内宿の名物である「高遠そば」は、お箸の代わりに一本だけのネギを使っていて蕎麦を食べるというユニークな習慣があっておもしろい。旅行の思い出に食してみてはどうだろうか・・・?お蕎麦を食べてブラブラ歩き回っても2時間位で観光できると思う。

住所:〒969-5207 福島県南会津郡下郷町大字大内
電話番号:0241-68-3611
駐車場:1回普通車300円、中型車500円、大型車1000円

アクセス:会津鉄道「湯野上温泉駅」下車、タクシーで約10分

大内宿雪まつり 
毎年2月第2土・日曜に開催されている。高倉神社から御神火をいただいた下帯姿で松明を持ち、大内宿集落を走って点灯する御神事のほか、時代仮装大会や花火の打上げが行われる。

大内宿と一緒に旅行したい観光スポット

大内宿の観光に便利な宿泊(旅館・ホテル・民宿)は以下にクリップしました。ご自身で楽しみながらお調べください(外部リンク)

「じゃらん.net」で調べる方はこっち↓

じゃらんパック(JR+宿泊)(航空券+宿泊)にする方はこちらから

「JTB」で調べる方はこっち↓

(JR+宿泊)(航空券+宿泊)にする方はJTB画面「宿泊プラン一覧」の右側(水色)が表示されているホテルの場合には、水色部分ををクリックすると一覧が出ますよ!

「楽天トラベル」で調べる方はこっち↓

Pocket

(福島県)会津若松の格安!宿泊ホテル・旅館・ビジネスホテル

Pocket

宿泊の予約が取れたらラッキーな(福島県)会津若松格安で概ね4500円以下宿泊ホテル・旅館・ビジネスホテル一覧

宿・ホテル予約ならじゃらんnet

会津若松の主な観光スポット
会津若松城(鶴ヶ城)・御薬園(会津松平氏庭園)・会津武家屋敷・さざえ堂白虎隊記念館・白虎隊伝承史学館芦ノ牧温泉東山温泉大内宿裏磐梯高原の五色沼・磐梯山噴火記念館・磐梯山3Dワールド猪苗代湖・野口英世記念館いわき湯本温泉・スパリゾートハワイアンズ など

(早割り等も含めて概ね4500円以下の宿)北方は、人数や季節によりかなり変動があるのでご確認の上ご活用ください。

じゃらん.net
楽天トラベル
JTB

 

Pocket

福島県の観光スポット【白虎隊記念館・白虎隊十九士の墓・白虎隊伝承史学館】

Pocket

白虎隊記念館(びゃっこたいきねんかん)

「白虎隊」を中心に、会津藩主松平容保公、松平照、萱野権兵衛、山川大蔵、横山主税、北原雅長、大庭久輔、中野竹子・優子ら娘子軍、福島県の飯盛山新島(山本)八重などの会津藩関係の史料が多数展示されていて、こじんまりした施設だが、歴史ファンにはたまらない記念館となっている。左の写真は飯盛山(いいもりやま)頂上から見下ろした会津若松市内だが、テレビ朝日系ドラマ「白虎隊」のロケ地になった。また、新撰組の近藤勇、島田魁、西軍総督岩倉具定、板垣退助らの有名諸将などの史料や白虎隊以外の戊辰戦争関係の遺品(近藤勇の鉢金や島田魁の腕章、松平容保の羽織など)遺墨、写真などやジオラマなども展示してある。

料金:大 人 400円 高校生 300円 中・小生 200円
   ※高速道路を利用したと申告したら割引があるらしいぞ!
営業期間 :4月~11月 8:00~17:00
     12月~3月 9:00~16:00
休館:年中無休
住所:〒965-0003 福島県会津若松市一箕町大字八幡弁天下33
電話番号:0242-24-9170
アクセス:磐越自動車道会津若松ICから車で約15分。
     会津若松駅から、まちなか周遊バス「あかべぇ」で4分。
     「ハイカラさん」で46分。「飯盛山下」下車すぐ

白虎隊十九士の墓

福島県の白虎隊十九士の墓白虎隊十九士の墓がある飯盛山(いいもりやま)は、白虎隊自刃の地としても知られており、福島県会津若松市の中心部から少し東にある標高314mの山だ。年間200万人ともいわれる観光客が訪れて、墓前には香煙がたえない。江戸時代後期、戊辰戦争に際して新政府軍と幕府方の会津藩の間の会津戦争時、会津藩では藩士子弟の少年たちで構成される白虎隊と呼ばれる部隊が結成され抗戦した。16~17歳の少年たちで編成された白虎士の内、士中二番隊20人が戸ノ口原の戦いにおいて退却撤退する際に滝沢峠の間道を通り、戸の口堰の洞門をくぐり飯盛山に逃れたところ、鶴ヶ城周辺の武家屋敷等が燃えている煙で天守閣がよく見えず「城は陥落した・・主君のために殉じよう」と、落城と錯覚し全員が自決した。20人中、たった1人だけ生き残った 飯沼貞吉 によって、白虎隊の忠義精神と悲運が皆の周知となった。

住所:福島県会津若松市一箕町八幡弁天下
アクセス: まちなか周遊バスハイカラさん・あかべぇ「飯盛山下」下車、徒歩5分  磐越自動車道からは、会津若松ICより約15分

白虎隊伝承史学館

明治維新の犠牲となった?会津藩の立場を会津藩士や新選組ゆかりの品5,000点もの史料で解説している歴史資料館。武具や調度品、写真、絵図など戊辰戦争に関する歴史的資料だけでなく、江戸時代の着物や銅鏡や鏡台かんざしなど女性用化粧用具も展示されている。

住所:〒965-0003福島県会津若松市一箕町飯盛山下2
電話番号:0242-26-1022
営業時間:8:00~17:00(12月~3月は8:30~16:30)
定休日:無休
料金:大人300円、高校生200円、小中学生150円
アクセス:(まちなか周遊バス)ハイカラさん・あかべぇ「飯盛山下」下車し徒歩約5分

白虎隊記念館・白虎隊十九士の墓・白虎隊伝承史学館と一緒に旅行したい観光スポット 

白虎隊記念館・白虎隊十九士の墓・白虎隊伝承史学館観光に便利な宿泊(旅館・ホテル・民宿)は以下にクリップしました。ご自身で楽しみながらお調べください(外部リンク)

「じゃらん.net」で調べる方はこっち↓

じゃらんパック(JR+宿泊)(航空券+宿泊)にする方はこちらから

「JTB」で調べる方はこっち↓

「楽天トラベル」で調べる方はこっち↓

Pocket

福島県の観光スポット【会津若松城(鶴ヶ城)・会津武家屋敷・御薬園(会津松平氏庭園)・さざえ堂・松平家墓所】

Pocket

  • 会津若松城(鶴ヶ城)・会津武家屋敷・会津松平氏庭園(御薬園)・さざえ堂・松平家墓所の宿泊・ホテル情報は下にクリップしてあります。

会津若松城(鶴ヶ城公園)つるがじょうこうえん

福島県の会津若松城(鶴ヶ城)福島県会津若松市にあった城で、一般的には鶴ヶ城(つるがじょう)というが、管理人同様に会津若松城と呼んでいる人も多いのではないでしょうか・・・。文献史上では黒川城(くろかわじょう)とか会津城とされることもあるらしい。国の史跡としては、若松城跡(わかまつじょうあと)の名で指定されているとのこと。また、戊辰戦争で約1ヶ月間に及ぶ激しい戦いに耐え抜いた名城としても名高い。昭和40年に再建された天守閣は若松城天守閣郷土博物館となっている。平成23年には赤瓦へのふき替えが完了し、幕末当時の姿を再現し、現存する天守閣では国内唯一の赤瓦の天守閣がよみがえった。郭内(武家屋敷)の内側に内濠を有する梯郭式の平山城で、城跡(そのほとんどが国の史跡に指定)は都市公園鶴ヶ城公園となっている。三ノ丸跡には福島県立博物館や陸上競技場もある。

若松城
別名:鶴ヶ城、会津若松城、黒川城
城郭構造 :梯郭式平山城
天守構造:望楼型7重不明(1593年(文禄2年)築)
層塔型:5重5階地下2階(1611年(慶長16年)改)
層塔型:5重5階(RC造 1965年(昭和40年)再)
築城主:蘆名直盛
築城年:1384年(南朝:元中元年、北朝:至徳元年)

住所:〒965-0873 福島県会津若松市追手町1−1
電話番号:0242-27-4005(会津若松観光ビューロー)
天守閣の営業時間 :8:30~17:00(入場締め切りは16:30)
定休日:年中無休
料金:大人410円、小中学生150円
麟閣共通券:大人510円
 

  • アクセス:JR会津若松駅から、まちなか周遊バス「ハイカラさん」「あかべぇ」で「鶴ヶ城入口」下車、徒歩5分
    磐越自動車道:会津若松ICより約15分くらい

会津武家屋敷(あいずぶけやしき)

福島県の会津武家屋敷江戸時代の会津藩家老西郷頼母の屋敷を中心に、福島県重要文化財である旧中畑陣屋や数奇屋風茶室、藩米精米所などの歴史的建造物が軒を連ねる屋外型の博物館。会津の伝統的な郷土料理が味わえるレストラン「九曜亭」が人気となっている。

住所: 〒965-0813福島県会津若松市東山町石山院内1
電話番号: 0242-28-2525
営業時間: 8:30~17:00(4月~11月)
       9:00~16:30(12月~3月)
定休日: 年中無休
料金: 大人850円 中高校生 550円 小学生450円

御薬園みやくえん(会津松平氏庭園)

福島県の御薬園(会津松平氏庭園)福島県会津若松市にある上記の鶴ヶ城から東へ徒歩15分程度の場所にあって、会津藩主松平氏の別荘で薬園のあったところだ。日本の代表的な自然風景式庭園で葦名盛久が室町時代に霊泉の湧きだした地に別荘を建てたのがはじまりと伝えられている。昭和7年に徳川時代の代表的な大名型山水庭園として国の名勝に指定されている。中央の心字の池を配した回遊式の借景園と、各種薬草を栽培する薬草園が御薬園の名前の由来だとか・・・。会津特産の薬用人参はもとより、約400種にも及ぶ薬草、薬木が植栽されている。また薬草以外にも季節ごとに様々な花が咲く。(重陽閣Tea Room)で、秘伝の薬草茶とデザートのセット1,200円も楽しめる。

御薬園入園料金:大 人320円 高校生270円 中小学生160円
開園時間:8時30分~15時まで(入園締め切りは午後4時30分)
休園日:無休

住所:〒965-0804 福島県会津若松市花春町8-1
電話番号:0242-27-2472
アクセス:まちなか周遊バスハイカラさん「御薬園」・あかべぇ「御薬園入口」下車すぐ 

磐越自動車道会津若松ICから約20分

さざえ堂(栄螺堂)

福島県のさざえ堂正式名称は、円通三匝堂(えんつうさんそうどう)と言うそうだが、会津さざえ堂は寛政8年(1796)福島県会津若松市の飯盛山に建立された、高さ16.5m、六角三層のお堂。福島県会津若松市の白虎隊の墓所のある飯盛山の中腹に建っている。内部は、入口から斜路を最上階まで上り、他者とすれ違うことなく、別の斜路を降りて出口から出ることができる二重らせん構造の斜路が続き、右回りに上る斜路と左回りに下りる路が別々になっている非常に珍しい三層構造平面六角形の建物になっている。この構造(上りと下りが全く別の通路になっている一方通行の構造)により、たくさんの参拝者がすれ違うこと無く安全にお参りできるという世にも珍しい建築様式だ。この螺旋構造や外観がサザエに似ていることから通称で「栄螺堂」「サザエ堂」などと呼ばれている。重要文化財指定名称は「旧正宗寺三匝堂」

住所: 〒373-0021 群馬県太田市東今泉町168−3
電話:0276-25-1343
 
営業時間:4月~12月(8:15~日没)
      1月~3月(9:00 ~16 : 00)
定休日:年中無休
料金:大人400円 高校生300円 小中学生200円
アクセス:ハイカラさん・あかべぇ「飯盛山下」下車、徒歩5分
      磐越自動車道会津若松ICから約15分程度

会津藩主・松平家墓所(まつだいらけぼしょ)

会津藩主・松平家墓所(まつだいらけぼしょ)会津藩主松平家墓所は、大名家の神式墓所の代表的なものとして、国の史跡に指定されている。福島県会津若松市の院内山と猪苗代町の見禰山(みねやま)の二カ所を指す。猪苗代町の土津神社(はにつじんじゃ)にあるのは、初代の保科正之公のお墓。会津若松市東山町の松平家院内御廟(いんないごびょう)にあるのは、2代保科正経から9代松平容保までのお墓だ。

  • 院内御廟住所:〒965-0813福島県会津若松市東山町大字石山字墓山甲1731番地1
    電話番号 0242-39-1305

    アクセス:バス停「院内」から徒歩5分
    駐車場:無し
  • 土津神社住所:福島県耶麻郡猪苗代町字美祢山1番地

会津若松城(鶴ヶ城)・御薬園(会津松平氏庭園)・さざえ堂・松平家墓所と一緒に旅行したい観光スポット 

会津若松城(鶴ヶ城)・御薬園(会津松平氏庭園)・さざえ堂・松平家墓所観光に便利な宿泊(旅館・ホテル・民宿)は以下にクリップしました。ご自身で楽しみながらお調べください(外部リンク)

「じゃらん.net」で調べる方はこっち↓

じゃらんパック(JR+宿泊)(航空券+宿泊)にする方はこちらから

「JTB」で調べる方はこっち↓

「楽天トラベル」で調べる方はこっち↓

Pocket