海外で「安く」「安全」にスマホやノートパソコンを使う!レンタルWiFiルーター

Pocket

海外へ旅行やビジネスで行った時にも、スマートフォンやノートパソコンを使いたい場合に、利用しているソフトバンクやAU、ドコモなどの携帯電話会社の海外パケット定額サービスを使うよりも、レンタルしたWiFiルーターで、ネットに接続するのが安全で安上がりなので絶対おすすめです!

自分が利用している携帯電話会社が、提携してない海外の携帯会社に誤ってつないでしまうと、とてつもない高額請求の可能性があります。ちゃんと提携してる海外の携帯電話会社につながったとしても、海外パケット定額は1日あたり1,980円~2,980円程度は料金がかかります。

これが「グローバルデータ」(海外用のモバイルWiFiルーターで、このルーター自体が現地の携帯会社とつながっている)を利用すると、どの携帯会社とつなぐかなどの事前設定がされた状態で貸してもらえるので、自分のスマートフォンを「Wi-Fi接続モード」に設定し「グローバルデータ」を選択するだけで、安心してインターネットに接続することができます。

料金はどれくらいか?っていうと、韓国・タイなどの国であれば、1日あたり680円、ハワイやアメリカ本土、フランス・イタリアなどの国でも1日あたり980円でレンタルできます。

レンタルした「モバイルWiFiルーター」は、各空港で受け取るか宅配してもらうこともできます。扱いなれていない人は、前もって宅配で受け取り確認した方が安心かもしれません。受け取れる申し込み期限は、受け取る空港や受け取り方法によっても違いますので、余裕を持って準備しましょう。



Pocket

④旅行中の「もしも・・」に備える!損害をクレジットカードで補填させる

Pocket

私たち旅行者が「海外旅行」へ行く時、「旅行損害保険」に加入します。
そうです!海外旅行の途中で病気になったり、けがをしたり死んじゃったら自分も大切な家族もたいへん困るからです。

では、国内旅行や国内ツアーに参加する時はどうでしょう?
先日の「御嶽山の噴火」のような不測の事態があるかもしれませんし、地震で電車が脱線したり、宿泊したホテルや旅館で火災に遭遇したり、観光スポットで転倒するかもしれません・・・。
引ったくりに遭う確率は、海外旅行の方が当然高いでしょうが、その他の事故等に関しては先進国なら日本国内と変わりないと思います。
車での事故なら「車の保険」でまかなえますが、気になるのは「その他」の事態が起きた場合です。

管理人の場合(特に旅行回数や出張が多い)は、年会費はチョッとかかりますが「三井住友VISAカード」の「ゴールドカード」を数十年間(年がバレるかな)使ってます。旅行中の損害保険がついてるし「家族カード」ってのも使えるので、費用対効果で考えても決して高くはないですよ!航空券や新幹線代、宿泊料金をゴールドカードで支払えばデスクに電話しなくても損害保険が自動的に付帯するので管理人にとって超便利なものとなってます。

自分で持ってる「三井住友VISAカード」以外のクレジットカードのことは、詳しくありませんが、たしか通常のクレジットカードとゴールドカードと2枚は持てないと思いますので、ゴールドカードやプレミアムカードへ切り替えるって事になるかと考えます。

以下、代表的なクレジットカードを参考までに載せておきますので、ご自身でくわしくお調べください。

楽天プレミアムカード

旅行障害保険は最高5000万円

ご存知!楽天のカード 
ポイント還元率(利用金額の1%分の楽天スーパーポイント)はクレジットカードでは最高水準。楽天プレミアムカードの提示で国内28ヶ所、海外2ヶ所の空港ラウンジが無料で使える。楽天市場や楽天グループでカード利用するとポイントが2倍貯まる。

三井住友VISAゴールドカード


(20代の方は三井住友VISAプライムゴールドカードになる)
海外・国内最高5000万円の旅行傷害保険が付帯。
カード会員・家族会員以外の家族にも旅行傷害保険が自動付帯される。

管理人愛用の三井住友VISAカード!
30歳以上の方のみ。全国28空港でラウンジサービスや会員専用のゴールドデスク、利用金額1000円に付き1ポイント貯まる。このポイントは200点以上の景品と交換できるほか、各種ポイント移行サービスやキャッシュバックにも利用できる。一般カードの2倍のボーナスポイントがつく。ポイント有効期間が3年(一般カードは2年)

 

その他の関連記事「 失敗しないための旅行知識」

Pocket

②知っててお得な「旅行会社」比較

Pocket

社員旅行の「必殺仕事人?」でもある管理人が独断と偏見で語っています。旅行計画は、経験がモノを言いますからね。個人旅行ツアーに限らず参考になるはず!旅行代理店の裏事情は「チョットとだけよ~ん」・・・

①失敗しない旅行のための「テーマと旅行計画」
②知っててお得な「旅行会社」比較
③宿泊予約を上手にとるコツ
④旅行中の「もしも」に備える

押さえておきたい!旅行会社の特徴

 

JTB(ネットで旅行・宿泊予約できる)

るるぶトラベル(JTBがやってる宿泊予約サイト)日本全国の観光地「旅行ガイドブックるるぶ」は見たことあるはず!

ご存知!日本最大手の旅行代理店「JTB」
「日本交通公社」の名で創業し、現株主にJR各社や日本航空をはじめ、商船三井・三菱東京UFJ銀行・日本ホテル協会などが名を連ねる世界でも有数の事業規模を誇る。国内店舗数も多いが、海外拠点も多いので海外旅行やツアーの安心感はダントツだ。特にハワイツアーはJTBに限る。日本で最初にハワイ進出したためなのか?その手配とサービスはお見事。国内ツアーや宿泊予約でも手腕のすばらしさ同じだ。大手旅行代理店なので、「旅館・ホテル」の仕入れがたんまりある?と思われるので、他旅行会社で宿泊予約が不可能な宿でも予約OKなこともあるし、他より安いことだってある。次回以降に利用できるクルーポイントが貯まる。

 じゃらんnet

じゃらんパック(航空券+宿泊)

旅行専門雑誌「じゃらん」でおなじみ「リクルート」がやっている。国内旅行では、楽天トラベルと共に、代表的な旅行予約ウェブサイトだ。じゃらんnet会員になって宿泊予約をすると、宿泊料金の2%がリクルートポイントに還元(予約期間やプランによっては還元率がアップする)され、次回の宿泊割引や無料宿泊券、グッズ交換を行うことができる。このポイントは他リクルート運営のサイトでも使える。扱ってる旅館やホテルの数は一番多いかも・・・。管理人は非常によく使う。航空券+宿泊のパックが自由に組めるじゃらんパックというサイト(マイル+ポイントが貯まる)もある。

 

楽天トラベル
楽天トラベル株式会社

 「楽天」がやってる旅行予約サイトで、国内旅行取扱額(じゃらんは集計に入っていない)では、JTB、近畿日本ツーリストに次ぐ人気ぶりだ。日本航空と全日本空輸は、楽天トラベルを利用した宿泊施設予約により、マイルが貯まるサービスをやっている。航空券付きプランあり。楽天スーパーポイントは1%還元。ふだん楽天カードや楽天市場で買い物をする方は、ポイントでほとんどの商品と交換できるので、使うべきだろう。

※以下参考サイト
楽天トラベルに宿泊や旅行予約を入れるコツ

 一休.com

(株)一休が運営する高級ホテル・高級旅館専門予約サイト。 (株)一休が運営する高級ホテル・高級旅館専門予約サイト。ホテルのスイートに泊まりたい、高級旅館に泊まろう・・・とかの場合に、安く宿泊予約ができるのが特徴。レストランも予約できるので、特別な日にどうぞ。また、タイムセールをやってるので、ゲットできれば更にお得となる。

 トクー

 

 クーコム株式会社がやってる会員制の旅行サイト。直前割引で格安で宿泊予約ができる。会員種別はプレミアム会員(入会金2,057円・年会費5,436円(税込))とゴールド会員(無料/宿泊毎に300円~800円(税別)を払う)がある。無料会員よりもパブリック会員の方が早く直前割引の予約ができる。トクーは時間限定で90%オフもあるそうだ。

※以下参考サイト
トクー(tocoo)に宿泊や旅行予約を入れるコツ

簡単に旅行会社の特徴を述べてみたが、あなたにとって使いやすい便利でお得なサイトを見つけていただきたい。

管理人が使ってる旅行会社とその理由

管理人の場合は、海外旅行やツアー旅行、宿泊予約が取りにくい時には「JTB]を使う。ビジネスや個人旅行の時は、「じゃらん.net」を使っている。理由は?と聞かれると説明が長くなるのだが・・・。

 じゃらんnet」は、取り扱い宿泊施設が多いこと。ポイント還元率がいいこと(管理人は普通の人よりも回数が多いのでバカにならない)。長年お世話になってるので、慣れていること・・・が主な理由だ!

JTB は説明がチョッと複雑になる。
管理人の実例だが、社員旅行(海外)を計画していて皆がJTBは高いんじゃない!っていうので、地元中堅旅行会社に頼んだことがある。すると、安いのだが「お土産ショッピング・ツアー」と化してしまったのだ。更に、空港で一人分荷物が出てこなかったが、現地添乗員も本気で対処してはくれなかった。時差があるので、頼んだ旅行会社に電話をかけてもままならない。海外拠点もあるし、過去の経験からJTBなら絶対ありえない。ここからは管理人の個人的意見だが、海外ツアーを自前で手配できる旅行会社は少ない。たぶん丸投げ手数料稼ぎの増収を図られたのではないかと思った。以前、お土産店の社長さんに聞いた話だが、観光バスをお店に案内してもらうと一人につき1500円支払うそうなのだ。とても利益が残りそうではない「安い日帰り観光ツアー」を見かけるが、利益の元はこの辺にあるのかも知れませんね!楽しい旅行のために、費用対効果でJTBを使っている。JTBの方が安いツアーもたくさんありましたし・・・。ってわけで、みんなに宣伝してるので「旅行券」のひとつもいただきたいくらいだ・・・(笑)

もうひとつ実例を話してみます。
親戚が遊びに来ることになり、温泉でもつれていこうと決めた。少しカッコつけたい我が家は、何度かおじゃましたことのある「某人気旅館」に常連客気分で予約のため電話した。すると土曜日だったため満室だったのだ。しかし諦めきれない管理人は、頼みこんでみた。
すると「女将」が電話口にでてくれて「JTBから予約してみて下さい!」とおしゃるではありませんか・・・。どういうこと?

そこで、JTBのホームページへ飛んで行き宿泊予約を入れてみると予約出来たのである。不信に思い、近所の旅館社長に聞いてみたところ「人気旅館や大型ホテルは、販売を大手(旅行代理店のこと)に任せてるから、自前は1割くらいしかないんじゃないっ?」って言っていた。そうなんです!JTBは巨大な力持ちで、部屋を仕入れて在庫をもっているんです。考えてみると、在庫しないとツアー作れませんよね~。さらに、何週間か前になると旅行代理店から売れ残った部屋の在庫が戻ってくるらしいのだ。その辺の旅行業界の事情で、上記で紹介してある各宿泊予約サイトのバーゲンや直前予約で安かったりするのだと考えている。 

楽天トラベルを使うのは、楽天証券で取引するとポイントがもらえる場合があるので、物欲がない?管理人は楽天ポイントすべて宿泊代で使ってます。日計りトレーダーなので気が付くと溜まってる・・・。

Pocket

①失敗しない旅行のための「テーマと旅行計画」

Pocket

楽しむために重要な「旅行のテーマ」

まず最初に決めるべきは、旅行の「テーマ」とも言うべき目的です。旨い魚が食いたいのか?それとも両親と温泉でゆっくり親孝行したいのか?大好きな恋人と思い出をつくりたいのか・・・・。これを無視しては、楽しい旅行もだいなしです。これが決まらないと以下にある旅行計画もはかどりません。

●参加人数や移動手段を考える

①管理人が「両親を連れて親孝行の旅」を目的に旅行計画をたてる場合の実例をあげてみます。

管理人の父は78歳介護3少しなら歩ける状態で、母は毎日父のめんどうをみてくれている。電車や飛行機もこのごろは、車椅子客に対してとても親切だが、連休中のオンシーズンでは他のお客さんにも迷惑けるし、新幹線や飛行機はいいとしても在来線は難しそうだ。それに、要介護の父には着替えも余分に用意しなければならないし、リハパンなどもかさばる。更に「インスリン注射」が日に3回必要なので、食事前だからといってどこでも注射はできない。移動手段は「車」しか見当たらない・・・。

②管理人が「京都観光めいっぱい!2泊3日ひとり旅」 を目的に旅行計画をたてる場合の実例をあげてみます。

京都には、観光スポットの情報収集する必要がないほど多くの見どころが山積みだ。ひとつでも多くの名所を巡りたい・・・。一刻も早く現地に到着して観光スポットへGO!!
車だと約3時間半。しかし、京都観光するには駐車場が大変だ・・・。飛行機にすると近そうなのは、伊丹空港、関空、神戸空港の3つだが京都までは、かなり離れているぞ。どこの空港からでも1時間以上はかかりそうだ。管理人宅からだと新幹線の方が待ち時間がないし良さそうだ。移動手段は電車に決定!

宿泊施設の部屋割りと宿の形態を決める  

①上記と同じく管理人が「両親を連れて親孝行の旅」を目的に旅行計画をたてる場合の実例をあげてみます。 

管理人と母はベッドでも畳でもOK.。父は畳に横になったら、ひとりでは立ち上がれない・・・。夜中に何度もトイレに立つ父に起こされるのはツライものがある。温泉宿でも規模の大きな旅館ならベッドの部屋もあるだろう。できれば家族3人同じ部屋がベストだけど、エキストラベッドを入れてもらえるか頼んでみて、最悪の場合「ツイン+シングル」を予約しよう~
更に、せっかくの温泉なのに父はひとりでは無理そうだし心配だ。きっと頭のシャンプーとボディシャンプーの区別はできないだろうな~??予算オーバーするけれど、部屋風呂付きの部屋か家族風呂が予約できる宿泊施設を探そう

②上記と同じく管理人が「京都観光めいっぱい!2泊3日ひとり旅」 を目的に旅行計画をたてる場合の実例をあげてみます。

今回の旅行は、まだ行ったことがない名所を身軽なひとり旅で満喫するのがテーマと決めているが、管理人が京都旅行に行くことは会社のみんなにバレているのでお土産代もかさみそうだ。見物時間をお土産選びに割くのは嫌だし、荷物にもなるのでギフトランド(旅行前にWEBで海外や国内のお土産でもを注文しておいて、指定日に届けてくれるという便利なもの)で前もって注文しておこう。管理人は結構使います(みんなゴメン・・・♪) それに各観光スポットの入場料や入館料、時間短縮のためのタクシー料金もバカにはならない・・・。
観光に便利な地区の格安ホテルに宿泊予約を入れよう

旅行の移動計画を考えておこう!

ツアーに参加するって場合もあるでしょうが、ここでは自分で宿泊ホテルを手配しての個人旅行を前提にしております。

都会に住んでいる人に多い失敗といえば「電車やバスの乗り継ぎ」です。過疎な地方へ出向くと、電車を待っててもめったに着ませんし通過してしまいます。ですから、ざっとでも現地での移動計画をたてておくことが必要です。それと、最新の時刻表かスマホは必需品となります。
パックツアーのように時間制約があったり自分の希望しない場所も観光巡りをしなければいけない・・・などの不便がないのですから、しかたありません。

たいていの場合は、自分で計画した観光見学時間をオーバーしてしまいますので、かなり余裕をもった計画を立てましょう。特に管理人の場合には、近くに予定外の見どころを発見し追加で見学していまい、本当にゆっくり観光したい所を犠牲にしてしまう事がよくありますです。

ガイ旅の管理人クラウン突然ですが思いついたので、ここで述べておきます。

Microsoft Officeを使っている方は、旅行計画書のテンプレートがあってとっても便利です (たしか、無料だったはずです)

iPadやiPhoneで使えるアプリ「旅の計画書」も超便利です。

その他の関連記事「 失敗しないための旅行知識」

Pocket