青森県の観光地【青龍寺(昭和大仏)】

Pocket

青龍寺せいりゅうじ(昭和大仏)

 青森県青森市にある高野山の青森別院で、青龍寺境内には、青銅座像としては青森県の青龍寺(昭和大仏)日本一大きな大仏である「昭和大仏(高さ21.35m) 」や宮大工の大室勝四郎氏が手掛けたという「青森ヒバで造られた五重塔(高さ39m、日本第4位」が有名で観光客も多い。奈良、鎌倉の大仏よりも大きいということになるので、見ごたえありそうだ。仏像の土台にも入ることができ、仏像内部には六道輪廻の図などが飾られており、二階にも上がれる。

金堂
入り口を入ってすぐ正面の伽藍の中心となるお堂で、本尊は大日如来像。阿弥陀聖衆来迎大絵図、みかえり阿弥陀像などがある。

五重塔
金堂の横にあって、宮大工の大室勝四郎氏が手掛けた「青森ひば造りで胎蔵界の四菩薩が安置されている五重塔(高さ39m)。東北本線の電車からでも、この五重塔を見ることができる。

高野山青森別院本堂
朱に塗られたお堂で、御本尊に真言宗の開祖、弘法大師空海をお祀りしてある。2階は常時写経道場として開放されており、気軽に写経を体験することができる。

昭和大仏のデータ

仏像:大毘盧遮那仏(ダイビルシャナブツ)、大日如来(胎蔵界)
材質:材質青銅(錫、亜鉛、鉄、他)
重さ:220トン
高さ:21,35メートル(仏体のみ)
幅 15メートル(両膝の幅)
胎内安置仏:大日如来 阿弥陀如来 千手観音菩薩 虚空蔵菩薩 文殊菩薩 普賢菩薩 勢至菩薩 不動明王 降三世明王 軍荼利明王 大威徳明王 金剛夜叉明王 

 ▼昭和大仏胎内巡りができる
人が死に魂が抜け出していく場面に始まり、死体が朽ちていく・・三途の川・・・などの絵図と共に昭和大仏の基壇には大切な六つの教え「六波羅蜜」が大きく掲げられている。ご存知の方が多いと思いますが、念のため載せておきます(以下、青龍寺のウケウリですが・・・)六波羅蜜の教えを心に刻んで生活をすれば、きっと素晴らしい世界を切り開くことができるでしょう~っとあります。

布施波羅蜜 人に施す 貪らない
持戒波羅蜜  戒律を守る 規則を守る 乱れた生活をしない
忍耐波羅蜜 我慢する 寛容になる 怒りの心を捨てる
精進波羅蜜 努力する 怠け心を起こさない
禅定波羅蜜 心を落ち着ける 心を乱さない
智慧波羅蜜 頭を働かせる 後先を考えない行動を慎む

昭和大仏胎内(一階内回廊)
壁面には十二支一代守り本尊が祀られているほか、昭和大仏胎内一階部の中心に位置する内陣には昭和大仏の原型が奉安されている。大日如来の宝前には不動明王、降三世明王、軍荼利明王、大威徳明王、金剛夜叉明王の五大明王をお祀りされている。

昭和大仏胎内(二階部分)
大仏の掌の下に当たるところが慰霊の間になっており、県内各地から出征され、戦死されたご英霊を供養してある。

参拝時間:4月~10月 午前8時から午後5時30分
     11月~3月: 午前9時から午後4時30分
お休み:年中無休
無料駐車場:あり(300台収容)
参拝料金:大人(大学生以上): 400円
小人(小学生以上): 200円
住所:〒030-0935 青森市大字桑原字山崎45
電話番号:017-726-2312

青龍寺(昭和大仏)と一緒に旅行したい観光スポット 

青龍寺(昭和大仏)観光に便利な宿泊(旅館・ホテル・民宿)は以下にクリップしました。ご自身で楽しみながらお調べください(外部リンク)
                 青森の格安宿泊ホテルはこちらから

「じゃらん.net」で調べる方はこっち↓

「楽天トラベル」で調べる方はこっち↓

「JTB」で調べる方はこっち↓

Pocket